本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 京都 > 正面河原殉教地

正面河原殉教地

                                京都府:殉教地、殉教碑

1619年10月6日、52名が火あぶりになった


元和の三大殉教の一つ、京都の大殉教が行われた場所。

京都に住んでいた52名のキリシタンは棄教を拒み、27本の十字架に1~3名ずつ縛られて一斉に火がつけられました。1994年「元和キリシタン殉教の地」の碑が建てらました。

正面河原殉教地

正面(通)河原


鴨川にかかっている正面橋は当時なく、正面通が鴨川に突き当たった河原で処刑は行われたとイエズス会の年報に書かれています。

殉教者の中には女性はもちろん、妊婦や子供がおり、全員が一般の信徒でした。

彼らは2008年ペトロ岐部と187殉教者として列福されました。


元和キリシタン殉教の地

「元和キリシタン殉教の地」碑


地域と司教区の折衝により、車道から目立たないくらいの大きさと高さにするということと、ここでミサなどの記念式典などをしないことが条件になりました。

碑の下には、セラミックの壷が埋められており、中には52名の名前を記した赤いバラ(殉教を表す)のリボンや殉教地を示す地図などが入れられています。


52名の殉教者


1619年10月6日にここで殉教した人々は以下の通りです。
52名のうち11名が子供でした。

  1. ヨハネ橋本太兵衛
  2. テクラ橋本
  3. カタリナ橋本
  4. トマス橋本
  5. フランシスコ橋本
  6. ペトロ橋本
  7. ルイサ橋本
  8. トマス喜庵
  9. トマス池上
  10. リノ利兵衛
  11. マリア
  12. コスメ
  13. アントニオどみ
  14. ヨアキム小川
  15. ヨハネ久作
  16. マグダレナ
  17. レジナ
  18. トマスこしましんしろう
  19. マリア
  20. ガブリエル
  21. マリア
  22. モニカ
  23. マルタ
  24. ベント
  25. マリア
  26. シクスト
  27. モニカ
  28. トマス藤右衛門
  29. ルチア
  30. ルフィナ
  31. マルタ
  32. モニカ
  33. エマヌエル小三郎
  34. トマス与右衛門
  35. アンナ
  36. アガタ
  37. マリアちゅうぞう
  38. ヒエロニモそうろく
  39. ルチア
  40. ヨハネ桜井如庵
  41. ウルスラ
  42. マンシオ九次郎
  43. ルイス又五郎
  44. レオ金助
  45. マルタ
  46. メンシア
  47. ルチア
  48. マグダレナ
  49. ディエゴ辻
  50. フランシスコ庄三郎
  51. フランシスコ
  52. マリア



 現地への行き方
京阪電鉄「七条駅」より徒歩3分。碑は歩道の車道側にひっそりと建てられています。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。
インフォメーション


                                          NEXT >>