本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 京都 > 四条堀川ダイウス町

四条堀川ダイウス町

                              京都府キリシタン関連地

神の町と呼ばれた町


フランシスコ会士ペトロ・バプチスタ神父らによって建てられた教会や修道院、二つの病院があった地とその周辺の地域。

フランシスコ会の奉仕活動に感銘を受け、信徒となった多くの人々が移り住んできたので、ダイウス(当時の人々はキリスト教の神様をゼウスと呼んでおり、それがダイウスに転化した)町と呼ばれていました。

四条堀川ダイウス町

ダイウス町


写真はフランシスコの家と妙満寺跡の碑がある岩上通りを写したもの。

四条堀川の南西部がダイウス町と呼ばれていた地域に当たると考えられています。

京の人々には「ダイウス町」と呼ばれていましたが、信徒ら自身は「諸天使の元后の町(ロス・アンジェルス)」と呼んでいました。


四条堀川ダイウス町
岩上通りの周辺
四条堀川ダイウス町
岩上通りの周辺
四条堀川ダイウス町
四条堀川の交差点
四条堀川ダイウス町
堀川通側


 現地への行き方
阪急電鉄「大宮駅」より徒歩6分。地下鉄や市バスでも行くことができます。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。
インフォメーション


                                          NEXT >>