本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 京都 > 四条病院

四条病院

                              京都府キリシタン記念碑

壁にはめられた26聖人の記念レリーフ


長崎で殉教した26聖人のうちの多くの者が、四条堀川のダイウス町から引き立てられたことから、「26聖人発祥の地」と記されたレリーフが作成され、京都四条病院の壁に取り付けられました。
堀川通という大通り沿いにあるので、道行く人が足を止めてレリーフを読んでいるのを見かけます。

26聖人の記念レリーフ

壁のレリーフ


「ここから西100メートル妙満寺町に1594年フランシスコ会のペトロ・パプティスタ神父により聖マリア教会、病院、学校、スペイン使節館が建てられた。1597年2月5日に長崎で殉教した26聖人は、同神父をはじめ5名のフランシスコ会士と3名の日本人イエズス会士および17名の日本人信者で殆どここで活動した人であった。ここに建設された聖アンナおよび聖ヨセフ病院は京都最初の西洋式のもので貧しい人が多数収容された。ここに26聖人を顕彰するとともに救貧救病の社会事業が行われたことを記念して銘板を掲げる。1979年中日スペイン大使館、カトリック京都司教区」と記されています。

26聖人の記念レリーフ
京都四条病院
26聖人の記念レリーフ
京都四条病院
26聖人の記念レリーフ
道の反対側から
26聖人の記念レリーフ
レリーフ


 現地への行き方
阪急電鉄「大宮駅」より徒歩7分。地下鉄や市バスでも近くまで行くことができます。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。
インフォメーション


                                          NEXT >>