本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 京都 > 地蔵院(椿寺)

地蔵院(椿寺)

                              京都府キリシタン墓碑

キリシタン墓碑がたたずむ椿の寺


加藤清正が豊臣秀吉のために持ち帰ったとされる椿の木があるお寺。正式名称は地蔵院ですが、通称では椿寺とよばれています。

墓地内には、赤穂四十七士のために討ち入りの衣装を調えてあげたという天野屋利兵衛の墓とキリシタン墓碑があります。

椿寺

椿寺


私が行った時は開園時間を過ぎていて入れませんでした。

閉門は16時ということなので、行かれる方は注意してください。

椿寺
椿寺
椿寺
椿寺の門
椿寺
椿寺説明板
椿寺
門前の碑


 現地への行き方
市バス「北野白梅町」下車徒歩2分。嵐山電鉄「北野白梅町駅」より徒歩5分。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。
インフォメーション


                                          NEXT >>