本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 京都 > 西ノ京ダイウス町

西ノ京ダイウス町

                              京都府キリシタン関連地

多くのキリシタンが住み、神(デウス)を信じる者の町と呼ばれた町


京都にはダイウス町、ダイウス辻といわれる、キリシタンが多く住む地域がいくつかあったことがわかっており、その中の一つと考えられているのが西ノ京ダイウス町です。

四条堀川や上京天主堂跡の近くにあったダイウス町、ダイウス辻は当時の地図に記載されていますが、西ノ京ダイウス町については、地図では記録に残っておらず、口伝があるのみですが、近隣でキリシタン墓碑が発見されており、口伝の信憑性は高いと考えられています。

西ノ京ダイウス町

西の京ダイウス町


北野天満宮から南にのびる細い道で、昔から「天神道」と呼ばれて親しまれてきた道が、西の京ダイウス町のあった所だといわれています。

(夜に訪れたため、写真が大変見にくくてすみません。いつか再訪していい写真を撮ることができたら差し替えます)



 現地への行き方
JR「円町駅」から徒歩7分。西大路通から東に4本目の細い通が「天神道」です。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。
インフォメーション


                                          NEXT >>