本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 京都 > ヴィレラ・将軍会見の地(妙覚寺跡)

ヴィレラ・将軍会見の地(妙覚寺跡)

                              京都府:キリシタン関連地

宣教師ヴィレラが将軍 足利義輝と会見した地


1559年からミヤコに滞在するようになった宣教師ヴィレラが、建仁寺永源庵の住職の紹介状を持って面会を申し込み、将軍 足利義輝との会見を果たした地。
当時足利義輝は、この町にあった妙覚寺に逗留していました。


妙覚寺町

妙覚寺町


会見できたのは1560年のことで、ヴィレラ神父を助けていた日本人修道士ロレンソが通訳として同行したと考えられます。

ヴィレラが献上できる唯一の品である砂時計を持参したところ、足利義輝はこれを喜び、一行を歓待しました。

その後、大友義鎮や伊勢貞孝の助力もあり、京におけるキリスト教宣教許可の制札を足利義輝から受けたヴィレラは、四条坊門姥柳町に定住し、教会としました。


妙覚寺町
妙覚寺町
妙覚寺町
妙覚寺町



 現地への行き方
地下鉄「烏丸御池駅」から徒歩3分。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。
インフォメーション


                                          NEXT >>