本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 京都 > ヴィレラの居住地2 玉蔵町

ヴィレラの居住地2 玉蔵町

                              京都府:キリシタン関連地

宣教師ヴィレラの2番目の住居


ザビエルの残した思いを遂げるために、ミヤコにやって来たヴィレラ神父が滞在した町。
最初に居を構えた革棚町の家があまりにも狭かったので、こちらへと転居しました。


ヴィレラの居住地

玉蔵町


住居のあった場所としてわかっていることは、六角通室町西入る玉蔵町であったことと、「異教徒であるクンダノジュチョウの家」であったことだけです。

フロイスの記録からはボロボロな家だったことがうかがえますが、それでも神様のいらっしゃる所として体裁を整えようとしたヴィレラは布団を壁に吊るし、紙で切りぬいた十字架をそこに貼り付けたということです。


ヴィレラの居住地
玉蔵町
ヴィレラの居住地
玉蔵町



 現地への行き方
地下鉄「烏丸御池駅」から徒歩5分。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。
インフォメーション


                                          NEXT >>