本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 京都 > 平戸橋

平戸橋

                              京都府:キリシタン関連史跡

殉教者が通って行った橋


伏見の殉教者が殉教地に向う際に通って行った橋。
奉行所の牢から引き出されたキリシタン殉教者はここを通って平戸町に至り、淀川の河川敷で斬首、あるいは火刑に処されました。


平戸橋

平戸橋


伏見の殉教者ジョアン兵右衛門やイグナチオ七右衛門が通って行ったと考えられます。

伏見奉行所からは500mほど、牢からは1kmほどの距離です。

七右衛門は恐れることなく粛々と処刑場へと赴いたので、伏見のキリシタンたちが後を追うこともできないほどだったと伝えられています。




 現地への行き方
京阪線「中書島駅」から徒歩10分。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。
インフォメーション


                                          NEXT >>