本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 京都 > 三条大橋 高札場跡

三条大橋 高札場跡

                              京都府:キリシタン関連史跡

京都の最も賑やかな所に建てられた高札


江戸時代を通じて京都の最も賑やかだった三条大橋のたもとにあった高札場。
キリシタン禁制の高札は1873(明治6)年になるまで掲げられていました。


三条大橋高札場跡

三条大橋 高札場跡


高札場は三条大橋の北西詰めに設けられていました。

京都は多くのキリシタンがいた所であり、天皇のお膝元ということでもあるので、厳しい禁制が布かれていました。

池田屋騒動の地に建てられた解説板に周辺地図が載っていて、ここが高札場であったことがわかります。


三条大橋高札場跡
三条大橋
三条大橋高札場跡
周辺地図



 現地への行き方
京阪「三条駅」から徒歩1分。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。
インフォメーション


                                          NEXT >>